YouTubeから学ぶ

✳︎日々思ったこと、YouTubeから学んだこと、旅行や留学の思い出などを書き留めています✳︎

【自信】ブランド品が欲しくなる心理✳︎無駄遣いを減らす方法

 

日本人はブランド品が好きって言いますよね。

私が思うブランド品の価値について書き留めておきます。

 

f:id:rislife:20190608073301j:image

 

 

物欲は憧れからくる物

私は、指輪・ネックレス・ブレスレットなどのアクセサリーには興味が無いのですが、

ピアスとヘアアクセサリーは好きです。

 

友達と遊んだり旅行や結婚式などでは、

少し派手なものを付けることもありますが、

日常生活では、シンプルなピンや、

小ぶりなノーブランドのピアスをたまに付ける程度です。

 

どちらも、アメリカやヨーロッパの子供たちが付けているのを真似して付けています(笑)

 

真似をするのは、憧れがあるからです。

 

やっぱり憧れがあると、

物が欲しくなります。

 

アクセサリーを付ける理由

なぜ人はアクセサリーをつけるのか。

そう考えた時に、

私が行き着いた理由は、

『自分を守るため』

です。

 

アクセサリーを付けて自分を着飾ることは、

相手から信頼や尊敬を得るのに、

手っ取り早い方法だと思います。

 

高いアクセサリーを付けていたり、

センスの良いアクセサリーを付けていたら、

素敵な人だと思われたり、

凄い人だと思われたりしやすくなる。

 

結婚式などの華やかな場で、

自分を華やかなに着飾るのは、

マナーでもあり、自分がお祝いの場にいることがふさわしいという事の表れにもなります。

 

ブランド品はアクセサリー

ブランド品もアクセサリーの一種です。

 

社長はわざと黒のベンツに乗る。

 

これは、自分は黒のベンツを選んで乗れるくらい、

大人であり、資金が潤っているので、

信頼できますよ、というアピールになります。

 

ブランド品は高級です。

誰でも持てるものではありません。

だから、他人から羨ましいと思われたり、

凄い人だと思われたりして、

優越感に浸ることもできます。

 

でも、そんなアクセサリーで自分を守らなければならないと言うことは、

つまり、自分自身にそこまでの価値が無いと言っているのと同じなのではないでしょうか?

 

アクセサリーは自信の無さの表れ

自分に自信があって、

それだけのスキルがあれば、

アクセサリーで着飾らなくても、

十分その凄さは他人に伝わります。

 

仕草・表情・振る舞い・考え方・喋り方・聞き方など、

なにげない行動の中に、

人のスキルの高さは表れます。

 

スキルを磨くには、

それだけ大変な思いをするしかない。

 

凄い人の裏には努力がある。

 

だから、ブランド品やアクセサリーで自分を着飾ろうとしている人は、

自分に自信を持つだけのスキル磨きが足りておらず、物に頼るのだと思います。

 

私の人生のテーマは、

『カッコよく生きる』

です。

 

人からだけでなく、自分でも自分をカッコいいと思える生き方がしたい。

 

何かを選ぶ時は、

楽な方や簡単な方ではなく、

自分がよりカッコよくなれる方を選びます。

 

私が思うかっこいい人は、

アクセサリーやブランド品に頼らず、

内面で十分凄さを感じられる人です。

 

だから私は、アクセサリーがなくても輝ける人になりたい。

 

また、ブランド品のネームバリューには興味がありませんが、

単純に物が良い場合もあるので、

物持ちを良くするためと、

職場や結婚式では浮かないように、

良いものを持つようにしています。

 

無駄遣いを減らす方法

あなたがもし、

アクセサリーやブランド品が好きで、

買っても買っても欲しくなってしまうのであれば、

それは自信の無さの表れでは無いでしょうか?

 

物を買うお金を、自己投資に回して、

経験やスキルを得れば、

無駄遣いが減り、更にはそのスキルが何か得を生むかもしれません!

 

それと、日本ではブランド品を持って歩いても大丈夫ですが、

海外ではお金持ちだと思われる事は危険な事でもあります。

 

能ある鷹は爪を隠す

 

自分の凄さをひけらかす必要は無いのです(^^)

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ