YouTubeから学ぶ

✳︎日々思ったこと、YouTubeから学んだこと、旅行や留学の思い出などを書き留めています✳︎

【ドラマ】『わたし、定時で帰ります。』から学んだ事✳︎人を変える力

 

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』を見て、

なるほどなと、学んだ事がありましたので、書き留めておきます(^^)

 

見逃してしまった方は、TBSFREEであれば、先週分を無料で見れます!

全話見たいとなると、Paraviに登録する必要があるみたいです( ´ ▽ ` )ノ

 

f:id:rislife:20190620053052j:image

 

f:id:rislife:20190620053112j:image

ドラマについて

主人公の東山結衣(吉高由里子)は、新卒で入った会社で過労、

定時で帰れる会社を選んで転職し、朝は定時出社、夜も18時に定時退社する生活を送っています。

 

ストーリーは、元彼の種田晃太郎(向井理)が結衣の副部長として異動してくる所から始まります。

 

結衣の部署には、長時間働く事が良いことだと思っている同僚や、すぐに辞めたがる後輩、産休から復帰してワークライフバランスに悩む先輩、家に帰りたがらない社員など、

働き方に対する様々な問題を抱えています。

 

また、問題は社内だけでなく、取引先や、私生活でも起こり、もう、てんやわんやです。

 

問題解決能力

この様々な問題に対して、結衣の取る行動が、素晴らしいんです!

 

もちろん彼女自身も問題を抱えていて、

周りに助けられてもいますが、

 

感情的になるべきところ、冷静になるべきところ、フォローする相手、フォローの仕方、かけるべき言葉のタイミングとチョイス。

 

私からすると、全てが完璧です(*_*)

 

だから、このドラマを見る時は、

「私だったらどんな行動を取るかな、どんな風に声をかけるかな」

と思って、答え合わせをしながら見ています。

 

こんな風に重ね合わせて見るのは、

私と結衣の立場が似ているからかもしれません。

 

私的に一番印象深かったのは第6話です。

結衣の後輩の来栖泰人(泉澤祐希)が、

種田さんと衝突した後の結衣のフォロー。

 

来栖くんに一任されているはずの仕事が、来栖くんの手際の悪さと種田さんの手際の良さで、周りがどんどん種田さんに頼って、来栖くんをないがしろにし、来栖くんの怒りが爆発します。

 

他の回と違うのは、私の中で、フォローの仕方も、する必要性も分からなかった所です。

 

他人同士がぶつかった時に、挟まれた自分が口を挟むべきなのか、また、どんな風にフォローしていいのか全然分からなかったのです。

 

種田さんは大人です。

来栖くんは未熟な後輩です。

 

一見、フォローすべきは来栖くんだと思ってしまいますが、

ここで結衣は種田さんをフォローしに行きます。

そして、人の気持ちが分からないとこぼす種田さんに、人の気持ちなんて分からなくて当然だし、人の心を開くためには、もっと自分の弱みを見せても良いんじゃないかと言うのです。

 

さすが結衣(^^)

 

私だったら、二人の問題に口を挟まないし(^^;)

フォローするとしても、後輩の来栖くんに、「仕事は慣れもあるからね」みたいな事を言うしか思い浮かばなかったです。

 

でも、たしかに種田さんに物事を言える立場にいるのは結衣くらいだし、

 

来栖くんのフォローは、周りに任せておけるので、ナイスな行動だなぁと思いました。

 

働き方について

このドラマは、タイトル通り、働き方についてのメッセージがあらゆる方向から込められています。

 

自分や周りの働き方を見直すきっかけになるし、色々考えさせられて、新たな価値観を得たりもできるのではないかな、と思います。

 

しかし、やはり感じるのは、

頭では分かっているけど、時代が追いついていない事。

 

みんな理想は分かってる。

理解している。

でも、それを行動に移せるのは極一部だし、

行動に移せないのには、それだけの理由があります。

古い考え、しがらみ、弱さ、怠慢、傲慢など。

 

それを乗り越えて、理想に近づくには、

固定概念を捨てて、賢く生きる必要があるのではないか、というのが私の考えです。

 

 

仕事に関する記事はこちらもどうぞ↓

www.rislifeblog.com

 

ブログランキング・にほんブログ村へ