YouTubeから学ぶ

✳︎日々思ったこと、YouTubeから学んだこと、旅行や留学の思い出などを書き留めています✳︎

【ドラマ】NHK連続テレビ小説エールから学ぶ✳︎頑張ることは繋がる

NHK の連続テレビ小説『エール』を見ていて、

素敵だなと思った事を書き留めておきます(^^)

①徳川家康公御遺訓

f:id:rislife:20200524091651j:image

第37回放送で出てくる徳川家康の言葉です。

この文章を一言で表すと、忍耐だと思います。

 

正直、日本を統一し、トップに君臨した人なので、もっと調子に乗った発言をしていると思っていました(^^;)

 

でも、よく考えれば、沢山の苦難を乗り越えた人格者でないと、ここまでのし上がれないですよね。

 

ちなみに、エールを見ている友人と話をしたところ、最後の1文が興味深いよね、という話になりました。

 

私はずっと、「大は小を兼ねる」と思って選択して生きてきたのですが、

(大が優勢)

友人は、「過ぎたるは及ばざるが如し」だと言い、

(大でも小でもよくない)

そして今回は、「及ばざるは過ぎたらよりまされり」と記載があります。

(小が優勢)

 

「じゃあ結局大と小どちらを選べば良いの?」

となった時は、やはりケースバイケースかなぁと思うのですが、

どちらが良いと決めつけるのではなく、自分で考えて、大小のバランスを見極めることが大切なのかなと思いました。

 

②頑張ることは繋がる

第39回放送で出てくる、早大の応援団長の言葉、「頑張ることは繋がる」に、はっとした人は私だけではないと思います。

 

私は以前、「優しさは連鎖する」という事を知りました。

 

この連鎖は、ぷよぷよの連鎖みたいな感じで、最初の動きが、どんどん次に繋がっていくイメージです。

 

これは、大王製紙のエリエール(ティッシュ)のCMでもテーマで使われていて、

「優しくされると、誰かに優しくしたくなるのはなんでだろう」

という言葉とともに、ティッシュが、次に必要な人の元へと渡されていくのですが、最初にティッシュを渡した人に、最終的に戻ってくるという話になっていました。


【CM】大王製紙 エリエール

 

「優しくされたら優しくしよう」と思うように、

「誰かの頑張りは、他の誰かを頑張る勇気にかわり、繋がっていくのだな」と気づきました。

 

そしてこれは、他の行動や感情も同様だと思います。

失敗から学んだ事、勇気を出した事、感動した事など、

人は人と関わって生きているから、

人から人へと連鎖していく。

 

という事で「頑張ることは繋がる」は、このドラマの題名の、エール、応援には意味があると、改めて見直す機会になりました。

(ちなみに、主人公は幼少期に、自分に送られたエールをきっかけに音楽の才能が開花され、物語が始まります。)

 

直接勝敗に関わらないとしても、やはり応援して貰えるのは嬉しいですよね(^^)

 

③オープニング曲『星影のエール』

 

歌詞から私の好きな部分を抜粋します↓

 

きっといつか今日の日も意味を持ってほら

 

星の見えない日々を超えるたびに

互い照らすその意味を知るのでしょう

 

白紙の物語に何を描くのか誰と描くのか

 

星の見えない日々で迷うたびに

誰かを照らすその意味を知るのでしょう

 

ここからは私なりの解釈です↓

 

同じような日々の繰り返しのようで、

毎日着実に成長して、思い出を作っている日々。

いつもの今日は、いつの日か意味を持つ。

 

希望が見えない時を乗り越えるたびに、支え合ってきた人の大事さが分かる。

 

人生を誰とどのように生きるのか。

 

希望が見えない日々で迷うたびに、誰かの明かりを見出すことができる。

 

今回の主題歌はGReeeeNの星影のエールという曲です。

星影のエール

星影のエール

  • GReeeeN
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

やはりGReeeeNの歌詞は深くて素敵(^^)

 

朝ドラの主題歌って総じて優しい曲が多いですよね。

 

まとめ

ということで、エール面白いです。

さすが朝ドラで役者も豪華。

RADWIMPSの野田さんが演技されているのを見れるのも貴重だなと思います。

凄くナチュラルで役にぴったり。

 

朝ドラは一度離れると見なくなりがちなのですが、

機会があったら他の作品も遡って見たいなぁと思いました( ´ ▽ ` )ノ

 

www.rislifeblog.com

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ