YouTubeから学ぶ

✳︎日々思ったこと、YouTubeから学んだこと、旅行や留学の思い出などを書き留めています✳︎

【美容】簡単!垢抜け!眉毛の整え方、書き方、茶色に脱色する方法

眉毛の正解が分からないまま生きてきたのですが、

最近褒められる事が多いので、

私流の眉毛の整え方、

眉毛の描き方、

眉毛の染め方、

をご紹介していこうと思います。

 

今回は、私のつたないイラストつきです(笑)

 

 

眉毛の整え方

 

セオリーでは、眉用のブラシとハサミを使いますが、

私はブラシは使わず、指を使います。

 

鏡を見た時の右眉がこんな感じ。

f:id:rislife:20190420192245p:image

ボーボーです。

 

これを、毛流れに沿って指で押さえてカットします。

 

まずは上のカットから。

上のいらない眉は、下から生えているので、

下から指で押さえて、はみ出した部分をカットします。

f:id:rislife:20190420192457p:image

オレンジが指で、

赤がカットする部分です。

 

つぎは、下のいらない毛をカットします。

下の毛は、上から生えているので、

上から指で押さえて、はみ出した部分をカット。

f:id:rislife:20190420192624p:image

最後に、眉尻です。

眉尻は、眉の右上の所を、

左ななめ上に指でキュッと上げます。

目をキツネ目にするイメージ。

ポニーテールでキュッと上げられているイメージです。

 

そうして、下のラインが直線になるように切ります。

すると、手を離した時に綺麗なアーチに。

画像は、めんどくさかったので、キュッと上がってないですが、

上がっていると仮定してみてください。

f:id:rislife:20190420192956p:image

左の眉も同様の流れで行って、

眉を整える作業は終了です。

 

私は眉毛が濃くて沢山あるので、

指で押さえる時に、結構ギュッと力を入れますが、

もともと薄い方は、

ふんわり押さえる程度で良いと思います。

 

この方法は、高校生の時にあみだしたのですが、

ブラシを使うよりも、全然失敗しないので、

私は常に、この方法で眉を整えています。

 

眉毛の書き方

私はふわっとした眉毛が良いので、

眉尻をペンシルで付け足して、

眉頭からパウダーでふわっと埋める感じです。

 

ポイントは2つ。

①眉尻をペンシルで付け足す時は、

眉上の線と眉下の線の交点を目指して描く。

f:id:rislife:20190420194140p:image

↑イラストの赤い点線をなぞって描くイメージです。

 

②眉頭にちゃんとパウダーをのせて、

眉をはっきりさせる。

あくまでパウダーなのでぼんやりはするのですが、

眉頭にものせると、

細すぎない綺麗な眉毛になります。

 

眉毛を茶色くする方法

最後に、眉を茶色に脱色する方法です。

これは、ゆうこすさんが説明している動画が分かりやすいので、貼っておきます。

(08:05からが、眉脱色方法です。)

 


最近ちょっと垢抜けた理由をお話しします♡!

 

私もこの方法で染めていますが、

染める時間は、5分だと黒いままだったので、

20分くらい放置しています。

 

動画内で説明もありましたが、

epilatという商品は、眉脱色用の商品ではないので、

使用の際は十分注意をして下さい。

 

眉を脱色して茶色にしておくと、

眉マスカラをする手間が省け、

メイクの時間も、メイクを落とす時間も時短になります。

すっぴんにも自信を持てるし、

旅行でも便利!!

眉マスカラって、いつまで使い続けられるのかも分かりにくいし、、

新しい眉マスカラを買うときは、色を選ぶのに凄く悩んでいたので、

そんな煩わしさともおさらばです。

 

脱色ってめんどくさいと思っていたのが、

全然簡単だったので、

私のような、ずぼらな人ほどおススメします( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ